【フォレスター】アイサイトなどの安全性能

広告

車が好きなら「車のブログ」を
書いてみませんか?

クルマ好きなら、
既に車の色々なことを知っているはずです。

車のことで、
知っていること、
興味のあること、
調べてわかったことを
ブログにまとめれば、

書いている自分も楽しいし、
読んでくれる人も
きっと楽しんでくれます!

そんな楽しい作業をするだけで、
副収入になるとしたら・・・?!

やってみたくないですか?

新型フォレスターにも採用されている、運転支援システムのアイサイトの仕組み、同じく新採用された、スバル・グローバルプラットフォーム、標準装備された 7つのエアバッグ、フォレスターの優れた視認性など、スバルの安全性能についてまとめました。

広告

スバルのアイサイトとは? その仕組みは?

人の目は、右目と左目で見える微妙な差を感知して映像を見ています。

その差が大きければ「近くにあるもの」、小さければ「遠くにあるもの」と捉え、
立体的に物体の位置や形を把握します。

アイサイトは、この原理を利用しています。
人の目と同じように、2つのカメラが付いていて、

前方にある物体の種類、距離、移動速度を認識するシステムです。
2つのカメラが付いていることから、ステレオカメラとも呼ばれています。

取り付けられているのは、フロントガラスの上部、バックミラーを挟んで両側に1つずつ設置されています。

SUBARUテクノロジー:アイサイト[衝突の回避を目指した機能]

カメラから得られた情報は、ツーリングアシストと呼ばれるシステムで実際の制御、つまり先行車との車間距離、車線内走行、アクセルとブレーキの自動制御が行われます。

先行車、車線内の両方を認識することで、区画線が見えにくい渋滞時やカーブなどでも、先行車の動きに合わせて車線内を走行することができます。

また、時速0km/h~120km/hまで対応しているので、高速走行時から渋滞時まで、
実用速度内でなら、まさにツーリングアシストしてくれるシステムですね。

ただ、アイサイトにも弱点があります。

人の目と同じで、逆光や霧の中など視界が悪い場合、障害物を認識しないか、
しずらいということがあります。

また、障害物を感知してから作動まで約2秒必要なため、
飛び出しなどでは動作しないことがあります。

カメラの視界範囲外の場合も認識できません。
何も模様のない壁やシャッターのような、左右の画像の違いがはっきりしない
対象物も認識できないことがあります。

アイサイトの注意事項

アイサイトはツーリングアシスト(運転支援システム)いう位置づけです。
良い点も弱点も知って上手に使いこなせば、より快適に運転できることは
間違いないでしょう。

[おまけ]
アイサイトには、ドライブレコーダーの機能はついていません。
取り付ける場合には、アイサイトの視界を妨げないよう取り付け位置に注意しましょう。

新型フォレスターの魅力を体感できるイベント「SUBARU FORESTER ADVENTURE」の模様

広告

新型フォレスターの スバル・グローバルプラットフォームとは?

車のプラットフォームとは車の骨組みのことで、車台とも呼ばれる一番基本となる部分です。
その構成はフロアパネル(床部分)と、その前後のキャビネット部分からできています。
車作りの肝の部分とも言えるでしょう。

各メーカーともプラットフォームには多大な費用をかけています。
車体の剛性にかかわる重要な部分であり、衝突安全はもちろん、
ハンドリングなどの走行安定性や静粛性にまで影響を及ぼすからです。

スバルは元々ボディ剛性が高く、安全性、操舵性が高いと評価されています。
今回の新型フォレスターでは、より安全性能が高い次世代のプラットフォーム、
スバル・グローバルプラットフォームが採用されました。

このことで、総合安全性能のレベルが上がり、
ドライバーの意思通りに反応するハンドリングや振動騒音の低減が実現し、
走りの質が上がったと評価されています。

新型FORESTER:スバルグローバルプラットフォームと衝突安全

広告

フォレスターの視認性は評価すべきポイント!

ドライバーは、操作や判断のほとんどを視覚からの情報で行っています。

ですから、視界の悪い車は運転しにくいということになりますね。

前方視界は当然ですが、サイドやリヤの視界が悪いと、擦ったり、キズがつくリスクが増します。
キズくらいで済めばまだましで、思わぬ事故にもなりかねません。

デザインも良いほうがカッコイイですし、何となく快感ですが、
普段運転するときには視認性の良い車は安心です。

新型フォレスターに限らず、スバルは昔から視認性の良い車作りを心掛けているメーカーです。

ほんの少し窓が大きいだけで、ほんの少しピラーの形を変えるだけで視認性は格段に上がります。
このことが安全につながることは至極当然なことですが、
何より安心して運転ができるというのは大きな価値です。

これをスバルでは視界性能と位置づけ、0次安全と呼んでいます。

新型FORESTER:0次安全

車は頻繁に買い替える商品ではありません。(例外もあるでしょうが・・・)
購入すれば、短くても数年は付き合う存在です。
だからこそ、乗った時に違和感のない自分にフィットする車かどうかという点は大事だと思います。

新型フォレスターの、この「0次安全」という考え方は、自然体で安心して、
ずっと乗り続けられる車作りの思想といっても良いのではないかと思います。

スタイルも燃費も大事ですが、
「長く付き合えそうか」という視点で試乗に行ってみると新たな価値の発見があるかもしれませんね。

広告
広告

新型フォレスターには 7つのエアバッグを標準装備

今では当たり前の安全装備のエアバッグですが、
新型フォレスターには7つのエアバッグが標準装備されています。

一般的に知られているのは、運転席と助手席のエアバッグですが、
これは主に正面からの衝突の際、搭乗者を保護する役割を果たします。

しかし、衝突は正面からだけではなく、横からの衝突もあり得ます。
そのため最近の車には、サイドエアバッグを装備する車も増えてきました。

また搭乗者だけでなく、衝突した相手の保護という観点から、
歩行者保護エアバッグ装着車も少しずつ増えています。

新型フォレスターには、前からも横からも搭乗者を保護するエアバッグに加え、
歩行者保護エアバッグも標準装備されています。

ところで、エアバッグの説明にSRSエアバッグと表記されていることにお気づきでしょうか?

このSRSとは何を意味するのかは、あまりご存じないかもしれませんね。

SRSとは、Supplemental(補助)、Resraint(拘束)、System(装置)の略で、
日本語にすると補助拘束装置という意味です。

つまりSRSエアバッグとは、シートベルトを補助し乗員を保護するための装置という意味になります。
つまり、シートベルトの着用なしでは、SRSエアバッグが作動しても適切な効果は得られないということを意味しています。

新型フォレスターの安全装備も、万が一に役立たせるには、適切な使用があってのことなのです。
SRSエアバッグ装備車に乗るときも、かならずシートベルトを締めましょうね。

■ その他の安全装備
その他にも、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ、リバース連動ドアミラー、などスバルは安全といわれる装備はかなり充実しています。

広告

車ブログを書いて 副収入を得る方法

この方法は、
車のブログに絞ったやり方です。

「車」ブログも
一度しっかりと構築してしまえば、
長期に渡って利益が見込める
“本当の資産”になるのです。

教えてくれるのは、
実際に車のブログサイトを
運営していて、年間5000万円も
稼ぎ出しているプロです。

・何を書けばいいのか?
・キーワードの狙い方
・どうすれば資産ブログになるのか?

 という解説はもちろん、

・ブログの設計図、
・カンニングペーパー、
・外注の仕方などなど

ブログ運営のノウハウを教えてくれます。

さらに、

実際に運営しているブログサイトも
公開して見せてくれます!

いきなり個人でプロのようなサイトを
構築するにはムリがありますが、

個人レベルでも運営できる方法を
具体的に教えてくれます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする