新型フォレスター VS 日産・エクストレイル 比較してみました

広告

車が好きなら「車のブログ」を
書いてみませんか?

クルマ好きなら、
既に車の色々なことを知っているはずです。

車のことで、
知っていること、
興味のあること、
調べてわかったことを
ブログにまとめれば、

書いている自分も楽しいし、
読んでくれる人も
きっと楽しんでくれます!

そんな楽しい作業をするだけで、
副収入になるとしたら・・・?!

やってみたくないですか?

新型 フォレスターと日産 エクストレイルを比較してみました。エクストレイルには、FF車を含めると14グレードありますが、フォレスターは4WDのみで4グレードのため、同等グレード、4WD、ガソリンとハイブリッドで比較しました。

フォレスターは1997年に誕生し、今回は5代目のフルモデルチェンジです。エクストレイルは2000年に誕生し、現行型は3代目(2013年フルモデルチェンジ)ですが、2017年6月にマイナーチェンジされています。

広告

フォレスターとエクストレイルの外観とサイズ比較

■ 新型フォレスターの外観

■日産 エクストレイルの外観

■ フォレスターとエクストレイルのサイズ比較

フォレスターには7人乗りがありませんが、エクストレイルには、4WD、ガソリンエンジンに1グレード設定があります。外寸は変わりませんが、室内長が長くなっています、車両重量も50kg重くなっています。

サイズを数値で見る限り、フォレスターもエクストレイルもさほど違いがないように感じます。実際に並べてみても、ほぼ同じような大きさに感じるでしょう。でも車のサイズは、わずか数センチの違いが大きな違いになっていることはよくあることです。

フォレスターを例にとると、先代と新型はサイズではさほど違いを感じませんが、ホイールベースがたった3センチ伸びただけで、後部座席の乗り降り、スペースの広がりは全く違います。

データの比較も大事ですが、ディーラーに行って実車に座ってみる、運転してみると写真や数値からではわからない感覚がきっとあるはずです。

広告

フォレスターとエクストレイルの内装比較

新型フォレスターの内装
フォレスターの内装色は、黒とグレーが基調ですが、グレードにより本革の茶色、本革の黒も選択できます。

日産 エクストレイルの内装
エクストレイルの内装色は、黒とグレーが基調です。上の画像は5人乗り、下は7人乗りです。

広告

フォレスターとエクストレイルのエンジンスペック比較

新型フォレスターのエンジンは、2.5Lのガソリンエンジンと、2.0Lガソリンエンジン+モーター(ハイブリッド)の2種類です。エクストレイルのエンジンは1種類で、ガソリンエンジンのみか、モーターつきのハイブリッドになっています。

広告
広告

フォレスターとエクストレイルの安全装備比較

■ 新型フォレスターの予防安全装備

スバルの予防安全装備としてよく知られているのは、アイサイトです。人間の目と同じように2つのカメラで情報を集め、ツーリングアシストと呼ばれる装置で制御を行います。追突防止の自動ブレーキは、この機能の1つです。

その他にも視界性能、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ、リバース連動ドアミラー、スバル・グローバルプラットフォーム、7つのエアバッグなどスバルは安全といわれる装備が充実しています。

SUBARUテクノロジー:ステアリング連動ヘッドランプ

また国内はもとより海外からもその安全性は高い評価を得ています。
JNCAP(日本国内の自動車アセスメント)
NHTSA(全米高速道路交通安全委員会)
IIHS(米国道路安全保険協会)
EURO NCAP(欧州の自動車アセスメント)
ANCAP(オーストラリアおよび周辺地域の自動車アセスメント)

こちらの記事も併せてご覧ください ↓
【フォレスター】アイサイトなどの安全性能

■ エクストレイルの予防安全装備

日産車で知られている安全装備の1つにプロパイロットがあります。渋滞走行と巡航走行で威力を発揮します。ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側で自動制御してくれる装備です。

日産エクストレイル プロパイロット テスト

エクストレイルにはプロパイロット以外にも数多くの安全装備があります。
■ 前方運転支援
・プロパイロット [グレード別設定]
・インテリジェント エマージェンシーブレーキ
・ハイビームアシスト*? [グレード別設定]

■ 側方運転支援
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)[グレード別設定]
・LDW(車線逸脱警報)
・BSW(後側方車両検知警報) [グレード別設定]

■ 後方運転支援
・RCTA(後退時車両検知警報)[グレード別設定]
・インテリジェント ルームミラー[グレード別設定]

■ 低車速域の運転支援
・インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)[グレード別設定]・インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム) [メーカーオプション]
・踏み間違い衝突防止アシスト

■ その他
・進入禁止標識検知
・インテリジェント DA(ふらつき警報) [メーカーオプション]
・SRSサイドエアバッグ〈運転席・助手席〉[メーカーオプション]
・SRSカーテンエアバッグ [メーカーオプション]
・SRSエアバッグ〈運転席・助手席〉
・高強度安全ボディ(ゾーンボディ)+歩行者傷害軽減ボディ

※安全装備が装着できるかどうかは、グレード、メーカーオプション、ディーラーオプションなどにより異なります。

フォレスターとエクストレイルのハイブリッド車比較

新型フォレスターのハイブリッド
新型フォレスターのハイブリッド方式は、エンジンとモーターを駆動力として使い分けますが、あくまで主役はエンジンで、モーターは、補助的に使うというパラレル式です。

モーターは、CVTトランスミッションの中に組み込まれていて、低速時や中速時の立ち上がりなどで、エンジンパワーをアシストするという目的で使います。よって、13.6psとモーターの出力も小さいものです。

こちらの記事もご覧ください ↓
【新型】フォレスターのe-BOXER(ハイブリッド)とはどんな車?

エクストレイルのハイブリッド
エクストレイルのハイブリッドも、パラレル式でフォレスターと同じくモーターは、CVTトランスミッションの中に組み込まれていますが、日産独自の1モーター/2クラッチ方式が採用されています。

この方式の特徴は、エンジンとモーターの間にもクラッチを配置していることです。モーターのみで走る場合には、エンジンとモーターを切り離すことで、エンジンを停止することができるので、抵抗をなくすことが出来ます。

また積極的にEV走行を行う設定になっていますので、モーターの出力は41PSとフォレスターの約3倍です。

フォレスターとエクストレイル比較のまとめ

新型フォレスターとエクストレイルはどこか似ている、同じニオイのする車ではないでしょうか。共通するのは、アウトドア志向のユーザーに受け入れられそうな車ではないかということです。

2018年にフルモデルチェンジされた新型フォレスターは、先代フォレスターと外観が似ているという評価もありますが、実は約90%が刷新されています。

良いところは残し、改良すべき点は変えるという熟成型のモデルチェンジといっても良いかもしれません。ただ、e-BOXERと呼ばれるハイブリッド車は初登場のモデルです。まだ未知数の部分があります。

エクストレイルは、2017年にマイナーチェンジされたとはいえ、基本設計は2013年のモデルです。完成度が高いといえば、その通りですが、2019年から2020年の間にフルモデルチェンジの噂もあります。今度のモデルにはPHEVも追加か?とも囁かれています。

エクストレイルが気に入っているのなら、新型フォレスターが出たこと、モデルチェンジの噂があることで、予想以上に値引きしてくれるかもしれないので、実は購入のチャンスかもしれませんね。

広告

車ブログを書いて 副収入を得る方法

この方法は、
車のブログに絞ったやり方です。

「車」ブログも
一度しっかりと構築してしまえば、
長期に渡って利益が見込める
“本当の資産”になるのです。

教えてくれるのは、
実際に車のブログサイトを
運営していて、年間5000万円も
稼ぎ出しているプロです。

・何を書けばいいのか?
・キーワードの狙い方
・どうすれば資産ブログになるのか?

 という解説はもちろん、

・ブログの設計図、
・カンニングペーパー、
・外注の仕方などなど

ブログ運営のノウハウを教えてくれます。

さらに、

実際に運営しているブログサイトも
公開して見せてくれます!

いきなり個人でプロのようなサイトを
構築するにはムリがありますが、

個人レベルでも運営できる方法を
具体的に教えてくれます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする