フォレスターの中古相場は? 新古車は?

広告

車が好きなら「車のブログ」を
書いてみませんか?

クルマ好きなら、
既に車の色々なことを知っているはずです。

車のことで、
知っていること、
興味のあること、
調べてわかったことを
ブログにまとめれば、

書いている自分も楽しいし、
読んでくれる人も
きっと楽しんでくれます!

そんな楽しい作業をするだけで、
副収入になるとしたら・・・?!

やってみたくないですか?

フォレスターの中古車は、いくら位するのか知りたいということで調べてみました。価格は購入の目安として大事ですが、その他にチェックしたほうが良いポイントもまとめてみました。

広告

フォレスターの中古相場は?

フォレスターは1997年に初代モデルが発売され、現行のフォレスターは5代目になります。早速、中古で買える現行モデルから初代モデルまで、大手中古車販売サイトで全国の中古車店価格をまとめてみました。

中古車には定価はなく、時期によっても変動します。調べた結果は、ざっくりですが目安にはなると思います。価格は、2018年9月時点です。

■ 5代目フォレスター(現行) 2018年7月~   (型式 SK系)

相場価格 277万円~369万円(本体価格)

■ 4代目フォレスター 2012年11月~2018年5月(型式 SJ系)

相場価格 75.9万円~145万円(本体価格)

■ 3代目フォレスター 2007年12月~2012年11月(型式 SH系)

相場価格 29.9万円~58万円(本体価格)

■ 2代目フォレスター 2002年2月~2007年12月(型式 SG系)

相場価格 7.9万円~20万円(本体価格)

■ 初代フォレスター 1997年2月~2002年2月(型式 SF系)

相場価格 7.9万円~19.8万円(本体価格)

ここで調べた結果は、現在店頭で販売されている本体価格です。この価格は固定されたものではなく、時期が変われば価格も変動します。

また、本体価格の他、税金や諸費用が別途かかります。諸費用については、次の項目をご覧ください。

もう一つ知っておいていただきたいのは、実は、ネットなどに掲載されない中古車が沢山あるということです。

そもそも中古車とは、下取りや買取で入庫した車のことです。その車は、いきなり店頭に並ぶこともありますが、ほとんどは車が取引される市場、つまりオークションに出品されます。

中古車販売店は、このオークションで仕入れた車を店頭に並べて販売しています。

ところが、販売店が車を探しているお客さんからの要望を聞いて、オークションで探すという方法も良くとられています。この方法での取引はネットなどに載ることはありません。

事例でいうと、お客さんが欲しい中古車を探すときは、まずネットで候補の車を探して、販売しているお店に問い合わせ、もしくは来店するという流れが普通になっています。

そして、その車で商談が成立すれば完了ですが、今一つ決まらなかったとき、販売店は「希望の車を探します」というアプローチをしてきます。そして販売店は、オークションで探すという流れです。

この時提示される本体価格は、オークションでの仕入れ価格 + 加修代金 + 整備代金 + 代行手数料 + 業者さんのマージンということになります。

この方法の良いところは、希望に近い車を探してもらえること、業者さんは広告費用が掛からないのでその分安く販売できることです。

一方良くない業者に相談すると、整備もしていないような車を高く買わされることもありますので注意が必要です。

その他にも、ネットオークションで車を探す方法もあります。

この場合、中古車展示場の価格より安いことも珍しくないので魅力的ですが、取引相手が業者さんなのか個人なのか、相手が信用できるのかなど見極めるのが難しいです。

広告

中古車を購入する時の7つのチェックポイント

買うなら、希望に合った、程度の良い車を、できるだけ安く買いたいわけですが、そのために必要なチェックポイントを整理してみました。

1.仕様・要望をはっきりさせる
この年式のフォレスターが好きとか、ターボでMTが良いとか、カーナビやサンルーフは外せない、この色が欲しいなどの要望や、車の使用目的や用途によって必要な装備は洗い出しておきましょう。

こうすることで、より絞り込んで車が探せるので、条件に合った車がみつかれば、かなり節約できます。目先の安さだけで決めると、後付けで結構馬鹿にならない出費ということになりかねませんので注意しましょう。

ただカーナビについては、あると重宝しますが、地図情報が古くて使えないなどということが起こりますので、地図更新ができるか、費用はいくらかかるかもチェックしましょう。

2.修復歴を確認する
一般に「事故車」と呼ばれる車は、業界では「修復歴車」と呼んでいます。

・修復歴車の定義
日査協、公取協などの統一基準として修復歴車と定義されているのは、骨格(フレーム)部位等を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車(事故車)となります。

中古車は使用していた車ですから、バンパーやミラーを擦ったとか、ぶつけてドアを凹ませたなどということは、ありうることです。

こういった車は、修復歴があると思われがちですが、フレーム(骨組み)を修正するほどの損傷でなかった場合、

「修復歴なし」と表記されます。記述がある場合は「外板価値車」となります。

そういった修復歴の有無を表示している車は、価格も割安で設定されています。また、表示しているお店は正直ともいえるでしょう。

ただ購入するかどうかは、修復の内容を聞いてみて納得できたらということになりますが、難しいところです。迷ったらやめておいたほうが良いでしょう。

・水没車は買ってはいけない
日本自動車査定協会の査定基準では、水没車は「室内フロア以上に浸水した車」または「浸水の痕跡が複数確認される車」と定義されています。

また水没車は冠水歴車として登録されますが、修復歴車にはならないため、特に表記されないことも多々あるようです。

水没車かどうかを見極めるのは難しいですが、価格が相場より極端に安い、室内が泥やヘドロくさい、何か室内が湿気っぽい、錆びるはずのない場所のネジなどが錆びているなどですが、

業者も販売前にはきれいに清掃しているので見抜けないかもしれません。

また、エンジントラブルやコンピーターの故障などその時にはわからない症状が出てくることもあります。怪しいと思ったら購入しないことです。

3.走行距離をみる
走行距離は気にする方が多いと思います。確かに購入時の目安にはなりますが、多走行の車でも、きちんと整備されている車であれば値段も安くなっていますので、お買い得ということもあります。

多走行の代表はタクシーでしょう。タクシーは30万キロも40万キロも走行していますが、ちゃんと走れます。もちろん整備はされていますが・・・。

ですから、きちんと整備されている多走行の車は、案外お値打ちということも言えると思います。

反対にそれほど走行していなくても、何年も動かしていない車やオイル交換もしていないような整備不良の車は要注意です。

4.整備履歴を確認する
走行距離と関連しますが、車には整備点検記録簿があります。認証工場や指定工場で整備されていた車であれば、この整備点検記録簿に整備履歴が記載されています。

いつどのような整備をしたかが確認できるので、安心材料にはなります。

ただ、国から認証を受けていない一般の整備工場で整備していた車の場合、点検記録簿がないということがあります。

また、そもそも法定整備を行っていない場合、当然点検記録簿もありませんし、メンテナンスもおざなりになっている可能性もあります。

法定整備を行っているから必ず安心というわけではないですが、整備段階で発覚する不具合もスルーされていることが考えられます。

ではどうすればよいかですが、
まず、販売店自身で点検整備した車であるかどうかを確認しましょう。

もし点検整備していなければ、点検整備を条件に購入するようにしましょう。

事例ですが、ある知り合いの中古車販売店では、12か月点検もしくは24か月点検をして納車しているところもあります。

5.保証はあるかどうか確認しましょう
保証が付いている中古車には安心感があります。また保証を付けているお店は、信頼できると判断できるのでないでしょうか。

例えば、ディーラーの認定中古車には保証もありますし、ディーラーという安心感もあるので少々値段は高いですが、不安は少ないですね。

ディーラー以外の中古車店でも保証付きの車を販売しているお店はあります。購入後、何のトラブルもなければ保証は必要ありませんが、何かあった時の安心材料ではあります。

そこで確認したいのは、その保証の内容です。

・何を保証しているのか?
・いつまで保証してくれるのか?
・保証料は別途かかるのか?

漠然と保証がついているといっても、その内容を把握していなければトラブルのもとになりますので必ず確認しましょう。

6.諸費用を確認しましょう
車は本体価格の他に諸費用が掛かります。どのような費用が掛かるか見てみましょう。

法定費用
・自動車税・・・・中古車購入時(登録月)の翌月から3月までの分を一括で支払わなければなりません。(除く軽)

・自動車重量税・・車両の重さにより異なる税金です。車検が残っている場合は、次の車検まで支払いは不要です。

・自動車取得税・・車を取得した人に対して掛かる税金です。

・自賠責保険・・・車を所有するものは必ず加入が必要な強制保険です。

・リサイクル料金・廃車処分に必要な費用です。前払いで支払う事が義務付けされています。

・消費税・・・・・法定費用以外の金額に対して8%掛かります。

代行費用
・車両登録代行費・名義変更の為の登録代行費用です。

・車庫証明代行費・車庫証明を取るための代行費用です。

・納車費用・・・・購入した車を自宅まで運ぶための費用です。

・洗車費・・・・・洗車や内装・外装のクリーニング代金です。

その他
・整備費用・・・・整備代は本体価格に入っている場合もあります。

・保証料・・・・・有料で保証を付ける販売店もあります。

・任意保険・・・・乗り継ぎで購入した場合、任意保険の車両入替手続きを忘れないように。

以上、諸費用がいろいろとかかります。法定費用はどこで購入しても変わりません。代行費用については、交渉次第で安く抑えることもできます。

車庫証明など自分でできそうなことは自分でやるとさらに費用は抑えられます。

7.購入後の整備・アフターフォロー
車は購入した後も、点検や整備、車検などをする必要があります。購入しようと思っているお店で、どのように対応してくれるのかは聞いておいたほうが良いですね。

保証が付いている車であれば、なおさらです。そういう意味では、整備工場を持っている販売店で購入したほうが心配がないと思います。

買うなら、希望に合った、程度の良い車を、できるだけ安く買いたいわけですが、そのために必要なチェックポイントを整理してみました。

1.仕様・要望をはっきりさせる
この年式のフォレスターが好きとか、ターボでMTが良いとか、カーナビやサンルーフは外せない、この色が欲しいなどの要望や、車の使用目的や用途によって必要な装備は洗い出しておきましょう。

こうすることで、より絞り込んで車が探せるので、条件に合った車がみつかれば、かなり節約できます。目先の安さだけで決めると、後付けで結構馬鹿にならない出費ということになりかねませんので注意しましょう。

ただカーナビについては、あると重宝しますが、地図情報が古くて使えないなどということが起こりますので、地図更新ができるか、費用はいくらかかるかもチェックしましょう。

2.修復歴を確認する
一般に「事故車」と呼ばれる車は、業界では「修復歴車」と呼んでいます。

・修復歴車の定義
日査協、公取協などの統一基準として修復歴車と定義されているのは、骨格(フレーム)部位等を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車(事故車)となります。

中古車は使用していた車ですから、バンパーやミラーを擦ったとか、ぶつけてドアを凹ませたなどということは、ありうることです。

こういった車は、修復歴があると思われがちですが、フレーム(骨組み)を修正するほどの損傷でなかった場合、

「修復歴なし」と表記されます。記述がある場合は「外板価値車」となります。

そういった修復歴の有無を表示している車は、価格も割安で設定されています。また、表示しているお店は正直ともいえるでしょう。

ただ購入するかどうかは、修復の内容を聞いてみて納得できたらということになりますが、難しいところです。迷ったらやめておいたほうが良いでしょう。

・水没車は買ってはいけない
日本自動車査定協会の査定基準では、水没車は「室内フロア以上に浸水した車」または「浸水の痕跡が複数確認される車」と定義されています。

また水没車は冠水歴車として登録されますが、修復歴車にはならないため、特に表記されないことも多々あるようです。

水没車かどうかを見極めるのは難しいですが、価格が相場より極端に安い、室内が泥やヘドロくさい、何か室内が湿気っぽい、錆びるはずのない場所のネジなどが錆びているなどですが、

業者も販売前にはきれいに清掃しているので見抜けないかもしれません。

また、エンジントラブルやコンピーターの故障などその時にはわからない症状が出てくることもあります。怪しいと思ったら購入しないことです。

3.走行距離をみる
走行距離は気にする方が多いと思います。確かに購入時の目安にはなりますが、多走行の車でも、きちんと整備されている車であれば値段も安くなっていますので、お買い得ということもあります。

多走行の代表はタクシーでしょう。タクシーは30万キロも40万キロも走行していますが、ちゃんと走れます。もちろん整備はされていますが・・・。

ですから、きちんと整備されている多走行の車は、案外お値打ちということも言えると思います。

反対にそれほど走行していなくても、何年も動かしていない車やオイル交換もしていないような整備不良の車は要注意です。

4.整備履歴を確認する
走行距離と関連しますが、車には整備点検記録簿があります。認証工場や指定工場で整備されていた車であれば、この整備点検記録簿に整備履歴が記載されています。

いつどのような整備をしたかが確認できるので、安心材料にはなります。

ただ、国から認証を受けていない一般の整備工場で整備していた車の場合、点検記録簿がないということがあります。

また、そもそも法定整備を行っていない場合、当然点検記録簿もありませんし、メンテナンスもおざなりになっている可能性もあります。

法定整備を行っているから必ず安心というわけではないですが、整備段階で発覚する不具合もスルーされていることが考えられます。

ではどうすればよいかですが、
まず、販売店自身で点検整備した車であるかどうかを確認しましょう。

もし点検整備していなければ、点検整備を条件に購入するようにしましょう。

事例ですが、ある知り合いの中古車販売店では、12か月点検もしくは24か月点検をして納車しているところもあります。

5.保証はあるかどうか確認しましょう
保証が付いている中古車には安心感があります。また保証を付けているお店は、信頼できると判断できるのでないでしょうか。

例えば、ディーラーの認定中古車には保証もありますし、ディーラーという安心感もあるので少々値段は高いですが、不安は少ないですね。

ディーラー以外の中古車店でも保証付きの車を販売しているお店はあります。購入後、何のトラブルもなければ保証は必要ありませんが、何かあった時の安心材料ではあります。

そこで確認したいのは、その保証の内容です。

・何を保証しているのか?
・いつまで保証してくれるのか?
・保証料は別途かかるのか?

漠然と保証がついているといっても、その内容を把握していなければトラブルのもとになりますので必ず確認しましょう。

6.諸費用を確認しましょう
車は本体価格の他に諸費用が掛かります。どのような費用が掛かるか見てみましょう。

法定費用
・自動車税・・・・中古車購入時(登録月)の翌月から3月までの分を一括で支払わなければなりません。(除く軽)

・自動車重量税・・車両の重さにより異なる税金です。車検が残っている場合は、次の車検まで支払いは不要です。

・自動車取得税・・車を取得した人に対して掛かる税金です。

・自賠責保険・・・車を所有するものは必ず加入が必要な強制保険です。

・リサイクル料金・廃車処分に必要な費用です。前払いで支払う事が義務付けされています。

・消費税・・・・・法定費用以外の金額に対して8%掛かります。

代行費用
・車両登録代行費・名義変更の為の登録代行費用です。

・車庫証明代行費・車庫証明を取るための代行費用です。

・納車費用・・・・購入した車を自宅まで運ぶための費用です。

・洗車費・・・・・洗車や内装・外装のクリーニング代金です。

その他
・整備費用・・・・整備代は本体価格に入っている場合もあります。

・保証料・・・・・有料で保証を付ける販売店もあります。

・任意保険・・・・乗り継ぎで購入した場合、任意保険の車両入替手続きを忘れないように。

以上、諸費用がいろいろとかかります。法定費用はどこで購入しても変わりません。代行費用については、交渉次第で安く抑えることもできます。

車庫証明など自分でできそうなことは自分でやるとさらに費用は抑えられます。

7.購入後の整備・アフターフォロー
車は購入した後も、点検や整備、車検などをする必要があります。購入しようと思っているお店で、どのように対応してくれるのかは聞いておいたほうが良いですね。

保証が付いている車であれば、なおさらです。そういう意味では、整備工場を持っている販売店で購入したほうが心配がないと思います

広告

車ブログを書いて 副収入を得る方法

この方法は、
車のブログに絞ったやり方です。

「車」ブログも
一度しっかりと構築してしまえば、
長期に渡って利益が見込める
“本当の資産”になるのです。

教えてくれるのは、
実際に車のブログサイトを
運営していて、年間5000万円も
稼ぎ出しているプロです。

・何を書けばいいのか?
・キーワードの狙い方
・どうすれば資産ブログになるのか?

 という解説はもちろん、

・ブログの設計図、
・カンニングペーパー、
・外注の仕方などなど

ブログ運営のノウハウを教えてくれます。

さらに、

実際に運営しているブログサイトも
公開して見せてくれます!

いきなり個人でプロのようなサイトを
構築するにはムリがありますが、

個人レベルでも運営できる方法を
具体的に教えてくれます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする